失敗しない社員研修の選び方

対象社員のレベルに合っているか

多くの社員研修(新入社員研修、中途社員研修、フォローアップ研修、管理者研修等)がありますが、対象とする社員に合ったレベルの社員研修を選ぶ必要があります。レベルに合った研修でない場合、費用対効果が低い結果(時間を掛けた割には、受講者の理解度、習熟度が低い等)になる可能性があります。そのため、このような状況に陥らないために事前に対応できる方法として、社員研修を選ぶにあたっては、研修対象となる社員に対して事前にアンケート調査や関連する内容のテストを行うなどして、対象社員の現在のレベルを把握し、この結果を踏まえ、社内研修を設定する方法があります。これにより対象社員と研修内容の間のギャップが少なくなり、費用対効果が高まります。

業界の内容を踏まえているか

社員研修で選ぶテーマや内容が、実社会として一般的な常識/知識であるのか、その業界として一般的な常識/知識であるのかが重要です。社会的には常識であっても、その業界には適していないこともあります(一般に大企業と中小企業では資金の借り入れに関して、借り入れ先や方法、条件が異なる等)。また、その業界の特徴を踏まえて、より実践的な研修内容である方が、受講者のモチベーションも高まり、習熟度も高まります。更に、直ぐに現場でも活用することが可能であることから、速やかに実践することで研修の結果を実感することができます(受講者の満足度が高まります)。総合的には、会社としても費用対効果が高くなる結果となり、その社内研修を選んだ満足度が得られます。