社会人のマナーが習得できる社員研修

一から学ぶことが大事

社会人になってから困るのが社会人としてのマナーです。学生気分が抜けないまま会社に入ると、マナーという面で厳しく注意されることが多くあります。会社としてはマナーを習得するために、社員研修を行う必要があるのです。その社員研修では一から学ぶことが大事になります。中途半端に学んでしまうと、一週間でぼろが出るからです。挨拶、言葉遣い、名刺交換、服装、電話応対、メールの書き方など、社会人になったら当たり前にできると思われています。学生側からすれば知らないことがいっぱいなのです。だからこそ、すべて丁寧に教える必要があります。社会人が普通にしていることを一つ一つ振り返り、全てに但し書きを作る必要があるのです。

実践が一番の研修となる

机上で学ぶことと実践では確実に実践の方がより学ぶことができます。ですので、マナー研修の間はずっとそのマナーを実施するようにします。身についてきて自然と振る舞えるようになるまでは、身についていない証拠なのです。堅苦しい挨拶もきちっとした服装も、社員研修に取り入れて普段の生活からマナーを取り入れるようにします。言葉遣いは研修の間、崩さないようにしていればいつの間にか身に付きます。完璧ではなくてもある程度形にはなるのです。電話対応などのマナーは繰り返し練習するしかないので、研修では何度も練習させましょう。電話に苦手意識を持つ人が多いので、この点は重点的に社員研修に取り入れるといいです。実践に近い研修をすることで、実践になったときに戸惑わずに済みます。